2017年10月21日

手ぬぐいは「裏」を見ろ

いきなり「裏」という言葉が出ましたが、別に変な意味ではありませんよ。

お店で手ぬぐいを選ぶとき、もし裏側を見ている人を見かけたら、その人はかなりの通だと思われます。
裏面の具合で、その手ぬぐいがどんな技法で染められているか、だいたい分かるからです。

江戸時代は裏面も同じように染まっている手ぬぐいが「粋」とされたのですが、当時は柄を裏面まで通す技術がなかったため、型紙を反転して裏を染め重ねるという離れ業もあったとか(絶対にズレるので、ほとんど神業です)。
そこで明治に入って開発された技法が「注染」です。


【注染、または引染め】裏までしっかり染まっている

注染(ちゅうせん)とは主に手ぬぐいを染めるために使われる技法です。
前述の通り明治時代に開発された染色法ですが、昨今の手ぬぐいブームで再び脚光を浴びつつありますね。

生地を手ぬぐいの長さに折りたたみ、その間に防染糊(ぼうせんのり)を置いて染料が入らないようにして、上から染料を注いで、それをポンプで吸いつつ一気に何枚も染め上げるので、染料がはっきりと裏に抜けるのです。

またこれも伝統的な技法ですが、引染め(ひきぞめ)も裏面をしっかり染めることができる技法です。
生地に型もしくは筒を使って防染糊を置いて染料が入らないようにして、伸子(しんし)という道具を使って生地をぴんと張り、刷毛で染料を浸透させるため、やはり裏面が同じように染まるのです。
ただし注染と比較して大量生産には向かないため、手ぬぐい関しては注染がポピュラーであると思われます。
※画像がありませんので「引染め 伸子」で検索してみてください。

写真は注染で有名な「にじゆら」の手ぬぐいです。
裏も表も同じようにしっかり染まっています。
niziyura_omote.jpgniziyura_ura.jpg



【捺染】裏が少し白っぽい、ムラができている

捺染(なせん)手捺染とも呼ばれ、型紙を置いた上から、染料と糊を混ぜた色糊をヘラ(スキージー)で染める技法です。型紙の部分は防染されて色が入りません。
注染や引染とは逆の発想となります。
やはり糊なので、ある程度は生地に染み込むのですが、完全には裏まで浸透しません。したがって裏面はちょっと白っぽくムラのある仕上がりになります。

写真は京都の「SOUSOU 伊勢木綿」の手ぬぐいです。
やはり裏はほんの少し白っぽいですが、ここまで抜けていれば、さほど気になりません。
sousou_omote.jpgsousou_ura.jpg

また、最近は裏面も表と全く同じように染まっている手ぬぐいを見かけたこともありますが、捺染の経験者としては、一体どうやって完璧に裏抜けしているのが気になるところです。


【顔料プリント】裏がほとんど染まっていない

顔料プリントは「染める」というよりはインクを生地に乗せる感じになりますので、さらに裏抜けしない仕上がりになります。
裏面に関してはほとんど白と言って良いかも知れません。

写真は香川県の琴平電気鉄道、通称ことでんのマスコットキャラクター「ことちゃん」の手ぬぐいです。
裏面は見事に白く、一見して顔料プリントだとわかります。
(ことちゃんを悪く言ってる訳ではありませんよ。)
kotoden_omote.jpgkotoden_ura.jpg


以上、手ぬぐいの裏面を見れば染め方がわかるというブログ生地でした。
※注染、捺染、顔料プリント共にそれぞれの利点や欠点もあります。技法そのものに優劣をつける意図はございませんので、ご理解ください。
  
posted by ヤギ工房 at 12:09| 手ぬぐいについて

2017年10月06日

意外と簡単、手ぬぐいの洗い方

手ぬぐいを普段使わない人には、洗い方がわからない!というご意見も多いかと思います。
手洗いじゃないと色が落ちてしまうんじゃないか?
洗濯機で洗うと他の服に色がつくんじゃないか?
などなど。

ネットで「手ぬぐいの洗い方」を調べると、手洗いを推奨している記述が多いようですが…
この現代に手洗いのみというのはハードルが高いと思われるかも知れません。

基本的には、ご家庭の洗濯機で洗ってもらってOKです。

その場合、以下の3つのコツをつかんでいただければ、よりトラブルなく洗濯機で洗うことができると思います。


初めて使うときに「水通し」

買ったばかりの手ぬぐいには若干の染料や糊が残っていて、最初のうちは色が水に出る可能性があるため、
この水通しである程度それらを落としてしまうことが大切なのです。

@洗面器に水を張って、手ぬぐいをしばらく(1時間程度)漬けておきます。
※写真ではわかりにくいですが、うっすら色が出ています。濃い色や赤系統は色が出やすいです。
IMG_1069.jpgIMG_1070.jpg

A手で絞って、干しておきます。

これだけです。
できれば最初の2〜3回は単体で手洗いすることをお勧めします。
やがて色が水に出なくなれば、その後は洗濯機で洗っていただけます。
※顔料でプリントした手ぬぐいは色が出ませんので、水通しは不要です。


洗濯ネットに入れて

手ぬぐいを洗濯機で洗う際は、必ず洗濯ネットに入れてください。
他の服への色移りを避けるため、また手ぬぐいは薄い生地のため、服などに絡まるのを避けるためです。
2.JPG

また、手ぬぐい同士で色移りするのを避けるため、ネットの中で濡れたまま放置することは避けてください。
洗ったらすぐに干しましょう。


陰干しがおすすめ

染料は特に日光に弱いという特徴があり、長い時間直射日光にさらすことは色あせの原因となります。
※顔料でプリントした手ぬぐいはこの限りではありません。
また手ぬぐいは、陰干しや室内干しでも比較的短い時間で乾くので、雑菌の繁殖を抑えることができるのです。
室内で干す際には、こんな物干しをお勧めします。一気に何枚も干すことができて便利です。




いかがでしょうか?意外と簡単に思われたのではないでしょうか?
せっかくのお気に入りの手ぬぐいなので、色落ちは嫌!という人もいらっしゃるかと思いますが、
ジーンズ同様、色が落ちた手ぬぐいにも味が出てきますし、何より洗えば洗うほど生地が柔らかくなり、使用感が良くなります。
なので、どんどん使って洗ってクタクタにして下さることをお勧めします。

posted by ヤギ工房 at 23:03| 手ぬぐいについて

2017年09月29日

私の「手ぬぐい事始め」

今年も残り3ヶ月余りとなりましたが、2017年のヤギ工房は手作り市などへの出展予定が特にないので、ひまネタをあれこれ書いていこうと思います。
私は好きが高じて自分で手ぬぐいを作ってしまった程の「自称手ぬぐいマニア」ですが、ユーザーとしては意外と日が浅く、まだ手ぬぐい使用歴7〜8年程度なのです。

きっかけはNHKの『美の壺』というテレビ番組でした。
2009年に放送されたFile141「手ぬぐい」特集で、江戸時代から続く手ぬぐい文化の奥深さや、明治時代に開発された注染という技法を知り、それまで意識もしなかった手ぬぐいについて興味を持ちました。

File141 「手ぬぐい」|NHK 鑑賞マニュアル 美の壺

タオルと比べると嵩張らず、洗っても乾きやすく清潔で、首に巻いたり頭にかぶったり、ものを包んだりといった機能性も気になりましたが、それよりも私が興味を持ったのが、手ぬぐいの「柄」でした。
35cm☓90cm程度の布に染め付けられた多彩なデザインを見て、「自分も作ってみたい」とクリエイター魂に火をつけられたのです。

その翌年に大阪の染色工房で染めを学び始めましたが、自分で作って売るぐらいになるまでには、それから6年ぐらいかかりました。

このブログを見ているということは、手ぬぐいに少しでも興味がある人だと思います。これから使ってみよう、あるいは作ってみようという人もいらっしゃるのでなないでしょうか?
私にとっては『美の壺』というテレビ番組でしたが、皆さんにとっての「手ぬぐい事始め」がこのブログであれば嬉しいと思います。
posted by ヤギ工房 at 00:09| 手ぬぐいについて

2017年08月03日

8/19(土)梅田スカイビルで出展します

昨年に引き続き、梅田スカイビルのB1「滝見小路」にて、ヤギ工房のなせん手ぬぐい・ろうけつ風呂敷を出展します。

ハンドメイド・カーニバル in 梅田スカイビル
2017年8月19(土)〜20日(日) 12:00〜19:00

※ヤギ工房は19(土)のみの出展です。

主催の手作市場のサイトです。
http://tzkuri.com

滝見小路の案内図です。
http://www.takimikoji.jp/floormap/
※ヤギ工房のブースは滝見小路の「BONNE RACLETTE(ボンヌ ラクレット)」さんと「新三浦 大阪」さんの間の路地になります。

10種類程度の手ぬぐいと、ろうけつ染めの風呂敷、あとエコバッグ等を数点お持ちします。
ただいま新柄を染めております。
ご来場お待ちしております。
posted by ヤギ工房 at 00:26| 出展情報

2017年06月15日

いよいよ「てぬぐい展」始まります

あまり雨のふらない梅雨入りのお陰で、暑い日が続いております。
今年もヤギ工房は谷六の雑貨と喫茶とギャラリーと ひなたで開催される「てぬぐい展」に出品します。

「てぬぐい」展
2017年6月16(金)〜7月2日(日)
水曜、木曜と、26(月)、27(火)がお休み。
営業時間 12:30〜19:30(日曜日は18時まで)
※6/20は19時で閉店です。お気をつけください。

会場:雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた
住所:大阪市中央区谷町6丁目6の10
HP http://www.geocities.jp/hinata_tanimachi/
ブログ http://hinata-hibi.jugem.jp/
facebook https://www.facebook.com/hinata.tani6
twitter @hinata_tani6

出展作品を紹介させていただきます。
続きを読む
posted by ヤギ工房 at 23:00| 出展情報