2018年09月28日

テキスタイルデザイン講座を受講しました

今年は春に3年ぶりの個展、夏には恒例のてぬぐい展と制作と出展が続いたこともあり、数ヶ月ほど制作をお休みしてインプットの機会を多く作っておりました。

その一つとして、5月より9月までの数ヶ月間、テキスタイルデザインの講習会を受ける機会に恵まれました。
42329622_565491773863747_2110501905112236032_n.jpg

私が受講したのは、大阪・浪速区にあるA´ワーク創造館という職業訓練センターでの「図案・柄のデザイン〜テキスタイルデザイン基礎」という、全8回コースの講習会でした。

正直言うと、テキスタイルというニッチで専門性の高いジャンルのデザインを教えていただけるなんて、工芸系の大学や専門学校ぐらいしか無いだろうと思っていたのですが、探してみると意外にあったんですね。

授業は基礎的な模様のデザインを、主に色鉛筆やマーカーによる手描き、折り紙の切り貼りなど手作業を中心とした実技が中心で、私のようにほぼ100%をMacでデザインしている者にとっては、とても貴重な体験でした。
イメージを手描きで起こすというのは、慣れた人なら何でも無いことでしょうが、Mac依存の私にはとても難しく、いかに自分のデザインがデジタルありきの代物だったのか痛感させられます。

またワンピースや浴衣など、実際の服の模様をデザインするというシミュレーション形式の授業もあり、
これはコンセプトや服を着る対象年齢、価格帯までイメージした本格的なもので、その場では全然思いつかなかったものの、試みそのものは面白かったです。

手作業だけでなくPCを使用した授業もあり、Adobeのイラストレーターというソフトでパターンを作成する方法も学ぶことができました。
私自身は20年触っているソフトでおなじみのものですが、受講者には未経験の人も多数。それなのに、皆さんがたった1回3時間の講義でパターンを作成することが出来てしまったことは驚きました。
イラストレーターは初心者が使うにはとても難解なソフトだと思っていたのですが、私が専門バカだったようですね。

この「図案・柄のデザイン〜テキスタイルデザイン基礎」次回は12/08(土)から始まる全7回コースが決まっているそうで、テキスタイルというジャンルを学ぶのはもちろんのこと、そこに限定せずに、手描きとデジタル両方にわたって、グラフィックデザインの作り方を学ぶということにも応用できる内容だとお薦めできます。
posted by ヤギ工房 at 23:29| その他